CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
DIGITAL BREATH
DIGITAL BREATH (JUGEMレビュー »)
AFRA
メルマガ創刊号でご紹介したのが、コレ。CDは今ひとつだけど、DVD(特にライブシーン)は必見です。
RECOMMEND
未来世紀ブラジル
未来世紀ブラジル (JUGEMレビュー »)

これ、僕が最高に好きな映画です。テリー・ギリアムが監督した作品は、相当好きです。
RECOMMEND
Women's World Voices, Vol. 2
Women's World Voices, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Various Artists
写真もない位マイナーなCDですが、僕がここ5年くらいに聞いたCDの中ではBest3に入ります。切なく甘い音楽です。
RECOMMEND
Next Wave
Next Wave (JUGEMレビュー »)
MONDO GROSSO, Blu, LORI FINE, saigenji, BoA
僕はハウスと言うジャンルのDJをしているのですが、それがどんな音楽なのか知りたい方は、このCDをお聞きください。最高です!
RECOMMEND
超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・
超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・ (JUGEMレビュー »)
岸★ 正龍
一番最初は、自分の本を宣伝しときます。「魂が揺さぶられた」と嬉しい感想をたくさんいただきありがとうございました。
MOBILE
qrcode
<< 釣書じゃないでしょ? | main | 【保存版】はじめの10項目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
一番重要なこと。
今日僕がブログにおいて色々教えていただきてる
Uさんからメールをいただきました。
(本名乗せていいのかどうかわからなかったのでイニシャルにしました)

そこで書かれていたのですが、
自分ブランディングとか
個人ブランディングとか
セルフブランディングをメインにおし出して
ブログやっている人って、すごく多いんですね。

そしてそのブログのどれもが
なかなかにいいコンテンツを書いている。

一方
僕は今日これから自分の会社をキラーブランドにしていこうとお考えの
Kさんとお会いしお話したんですね。
(本名乗せていいのかどうかわからなかったのでイニシャルにしました)

で、このふたつが今日あって、
僕はひとつ気づいたことがあるんです。それは・・・


皆さまのご協力でまた10位に帰り咲きました。
人気ブログランキング
↑今日も、ポチッと1クリックのご協力よろしくお願いします。

何をブランドにするか?

ってことが、
ブランディングでは最も重要なんだなっていう事。

何をブランドにするかって、
そんなことは考えるまでもないだろう。

それは自分の屋号だったり、
あるいは自分の名前だったりに決まってるじゃないか。

って、そう思います?

でも、ゴメンナサイ。
残念ながらそれは違っています。


あなたが、もし大企業でお金もコネも莫大に持っているんなら
屋号や名前をブランドにしていくっていう事で
全然間違っていないと思います。

でも、
キラーブランド(いわゆる中小弱小のブランディング)や
自分ブランドにとっては、
屋号や名前をブランドにするっていう事は、
必ずしも正解ってわけではありません。


たとえば、今日お話させていただいたKさんは、
はじめ自分でやられているビジネスの屋号をブランド化したいって
そうおっしゃっていました。

でも、Kさんが心からやりたいことや将来の野望をお聞きするうちに、
実はKさんがブランド化すべきなのは屋号じゃないって、
そこに二人して気がついたのです。

そこに気がついてみれば、
そこにブランド化までの美しい道が見えていた。

Kさんの言葉を借りれば、
「映像化できた」って、ことです。

つまり、単純に言ってしまえば、
今日のKさんの場合、

ブランド化するものを間違えていたわけです。


そして、恐ろしいことに
自分が間違っているかどうか
それは自分ではわからないのです。

ブランディングに対しての外部の人間の手助けがいるとすれば、
多分ここが一番大きなポイントであるべきだと思います。
(次に大きなポイントはコアプロダクト作りでしょう)。

*コアプロダクトについては、またの機会に話します。


じゃあ、キラーブランドじゃなくって
自分ブランドだったらどうでしょう?


これは僕がまだ実験中なので
絶対100%の自信を持って言えるわけではないのですが

何売るかではなく、

買った人がどうなったか


が、ブランドとしてより重要だって、思います。


たとえば、
ブログで個人のブランディング化を書いていっている場合は、
「個人をブランド化するその方法」において
ブランドになろうとしているわけですねよ。

ブログで中高年がダイエットする方法を書いてる場合は、
「中高年に特化したダイエットの方法」において
ブランドになろうとしているわけですよね。


そうであるなら、
その人の言うことを聞いてブランドなった人や、
ダイエット成功した中高年の圧倒的な数が、
ブランドをなしていくのに必要なんじゃないか
って、
そう思ったのです。


確かにキラーブランドの場合にも
ブランドの売るものを買ってくれた人がどうなったかって、
それがまったくないとは言いません。

買ってくれる人のメリットを訴求できないブランドは、
絶対にブランドとしてブレイクできないことでも
それは証明されています。

でも、それを承知で敢えて言うなら、
キラーブランドは本質のところでは買ってもらったら
そこで終わりになってしまう。

企業対個人である以上、
買っていただいたお客さま全員への
それ以上の細かいフォローって、やりようがないのです。

でも自分ブランドは違うと思う。

こkが一番違うと思う。

たとえば、僕が自分ブランディングって言う分野で
ブランドを目指すとして、
自分のノウハウを売って、僕だけ小銭を稼ぐのじゃ、
ブランドなんて言っちゃいけない。

もっとはっきり言えば、

僕は何々においてはブランドです。


って、

それは悪いけど誰でも言える。

言えばいいだけだから。



でもそれは違いますよね。

僕にとってはブランドって、ものすごく重いワードで、
残りの人生の大半はこの言葉を共に歩むんだろうなってくらい重要で
だから。

このブログの進みは遅いかもしれないけれど、
僕はキッチリとカッチリと
自分ブランディングの組み方を、
それは「自分ブランドとしてお客さまをハッピーにする方法を」ってことですが、
それを確立したいと思っています。

壮大なホラ吹いてるみたいに思えるかもしれませんが、
僕はいたって真剣です。


そう、僕に決意させてくれたKさん、
ありがとうございました。

3/27は頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。


ありがとうございました。


昨日のヒット数233、ユニークアクセス92
現在のランキング10位
| 自分ブランディング | 20:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:12 | - | - |
コメント
個人ブランディングっていうブランディングの定義がよく解らないのですけど…
ノウハウなんかの無形の商品を扱うブランドという概念でいいんでしょうか…?

それを前提に僕の理解で話しますと、
有形商品を扱うブランドと無形商品を扱うブランドの差は
有形商品に比べ無形商品は販売行為と顧客満足の間にラグが大きいから、「その商品でお客様がこうなったという実績」で商品価値を測るしかない・・・と。

うーん・・・でも、それ相当難しいお題ですね・・・。


全然私心になっちゃいますけど、今在学中の大学中心に情報誌というかフリーペーパーというか、作ろうとしてるんですけど、これもある意味で無形商品…。
どこでどう実績を作っていけばよいものか試行錯誤中です。
今後の自分ブランディングの組み方、是非参考にしたいと思ってます。

今回も大変参考になりました、ありがとうございました。
| mar | 2005/03/05 12:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sarugashira.jugem.cc/trackback/111
トラックバック